単行本
単行本

文藝春秋企画出版

両親四人 看送りの記父母からの最期の贈りもの

長濱晴子 長濱直志

  • 定価:本体1,400円+税
  • 発売日:2013年07月31日
  • 発行:文藝春秋企画出版部
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

超高齢化社会、来るべき親の最期を安らかに迎えるには……

自らもガンや重症筋無力症を患いつつ、心を籠めて両親を看送った夫婦が、貴重な実体験に基づいて描く感動のドキュメンタリー

担当編集者より
……(義父の死に際して)突然とはいえ、私自身に看送る覚悟ができていなかった。だからお別れの時間もなかった。これではただの「見送り」で、心の籠もった「看送り」とは言えない……この後悔を、私自身が解決していくためにはどうしたらよいか。これから訪れるであろう三人の両親(義母、父と母)の亡くなる時には、絶対に後悔しない「看送り」にしたいと強く決心し、考え続けることになりました。(本文より)
商品情報
書名(カナ) リョウシンヨニンミオクリノキ フボカラノサイゴノオクリモノ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 四六判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2013年07月31日
ISBN 978-4-16-008779-8
Cコード 0095

著者

長濱 晴子

長濱 直志

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く