単行本
単行本

文藝春秋企画出版

ヴェネツィア彷徨

本間通義

  • 定価:本体1,600円+税
  • 発売日:2013年09月25日
  • 発行:文藝春秋企画出版部
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

迷うは楽し

法律家にして紀行家、健啖家にして愛飲家、自称“へそ曲がり”の著者が名調子で語る、迷うためのヴェネツィア案内

担当編集者より
成田に向かう列車で、ふと「美はしきもの見し人は」というフレーズが浮かんできました。ドイツの詩人アウグスト・フォン・プラーテンの「トリスタン」という詩の冒頭のフレーズです。このあとは、「はや死の手にぞわたされつ、世のいそしみにかなはねば、されど死を見てふるふべし 美はしきもの見し人は。」と続きます。ヴェネツィアでは、果たして「美はしきもの」を見ることになるのでしょうか。もしかしたら死の手に渡されるのでありましょうか。 「ケ・セラ・セラの旅立ち」より抜粋
商品情報
書名(カナ) ヴェネツィアホウコウ
ページ数 260ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2013年09月22日
ISBN 978-4-16-008784-2
Cコード 0095

著者

本間 通義

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く