単行本
単行本

文藝春秋企画出版

随筆集 消えやらぬ道

赤松愛子

  • 定価:本体1,500円+税
  • 発売日:2013年10月30日
  • 発行:文藝春秋企画出版部
  • ジャンル:随筆・コミックエッセイ
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

老いかげんで生きる

播磨地方の鎌倉時代から続く旧家に生まれた筆者が、日々の想いを綴る。ほどよく老いつつ人生を謳歌する筆者渾身の随筆集。

担当編集者より
こども相撲の土俵場を中央に持つ神社の庭は、境もなく垣根もない。ムクノキの古木の枝から、土俵場に飛び降りてははしゃぐこどもたちの声が、朝から夕方まではじけ渡る。こんな神社の庭の東裾から、その道は、はじまる。道は『広坂の道』という。「消えやらぬ道」より抜粋
商品情報
書名(カナ) ズイヒツシュウ キエヤラヌミチ
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2013年10月30日
ISBN 978-4-16-008787-3
Cコード 0095

著者

赤松 愛子

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く