単行本
単行本

文藝春秋企画出版

明と暗の青春〈完全版〉

岸本 半蔵

  • 定価:本体1,200円+税
  • 発売日:2014年07月29日
  • 発行:文藝春秋企画出版部
  • ジャンル:小説
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

いま明かされるシベリア抑留と強制労働の真実――高卒後、昭和17年春に満州へ渡った角田青年は現地で軍隊に召集され、敗戦を迎えて捕虜となり、厳寒の地へと連行された……。シベリアからの生還者の声を元に綴られる中篇小説。

「気温は日に日に下がりはじめ、粉雪がひどく舞い出した。遅れて来た部隊の中に死者が出たが、零下二十度に下がると地面が凍って土が掘れなくなるため、埋葬もできなかった。土を削るように少し掘り、遺体を置き、その上に雪をかぶせるだけである。……そのため、雪解けになると狼が群がるのである。角田たちは遺体をできるだけ近いところに埋めてやるようにしたが、ソ連兵は「できるだけ森林の奥へ置いてこい」と言い張った。そうすると狼に掘り返されてしまう。角田はこのソ連兵のやり方には我慢がならなかった。
……(中略)……
気温はどんどん下がり、零下四十度近くになることもあった。そんな時にはさすがに監視するソ連兵も寒さに耐えられないので、仕事が中止になった。それは、無理に働かせて皆死んでしまうと、労働力が減って自分たちが罰せられるからでもあった。太陽は午前九時頃に上り、午後三時には沈んで暗くなってしまう。労働時間が減ってしまうので、昼もノンストップで仕事をさせられるようになり、倒れる兵も多かった。また、森林は雪で被われているため、食べるものがないのだろうか、餌を求める狼の遠吠えがよく聞こえた。」(第三章 シベリアの森林へ)

担当編集者より
著者は80歳にしてなお現役の眼科医ですが、診察された患者さんの中にシベリア抑留からの生還者がいらっしゃったとのこと。そのうち3名の方から実際に聞いた話をもとに、自らもシベリア方面へ取材に出向いて書かれた中篇小説です。最初はなかなか本当のことを話そうとしなかった生還者の方々と親身になって接するうちに、徐々に打ち解けて語ってくれた真実を後世に伝えるべくかかれたのが本書です。
商品情報
書名(カナ) メイトアンノセイシュン カンゼンバン
ページ数 176ページ
判型・造本・装丁 A5判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2014年07月27日
ISBN 978-4-16-008805-4
Cコード 0093

著者

岸本 半蔵

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く