作品紹介

国際金融の現場において、今後日本が目指すべき日本の通貨主権とはどんなものか……。元銀行マンの著者が、自身の体験を基に金融の歴史をひもとき、ひとつの方策として日本の金融業界の方向性を示唆する。

第1章 国際通貨・金融の歴史
(1)ニクソン・ショック
(2)プラザ合意
(3)アジア通貨危機
(4)リーマン・ショック

第2章 ドル本位制
(1)強固な枠組み
(2)貨幣論的把握
(3)マネーゲーム(投機)の時代
(4)崩壊の足音

第3章 日本の通貨政策
(1)通貨主権の確保・強化
(2)アジアとの共生
(3)円の基軸通貨への脱皮
(4)通貨価値の維持
(5)産業構造の高度化

商品情報
書名(カナ) コクサイツウカカチロン
ページ数 176ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2014年10月26日
ISBN 978-4-16-008814-6
Cコード 0095

著者

成田 隆夫

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く