作品紹介

南太平洋で戦死した伯父への思いは尽きない。主人公は地元・埼玉県、そして全国の生涯教育(公民館活動)の第一線に永年たってきたが、伯父への追慕の念は、年毎に強まっていく。いまの自分にできることはなにか。いま、なにをすべきか。自問する主人公。老齢化する戦艦武蔵の戦友会の方々との交友を縦軸に、一族の戦後の暮らしと営み、現在のすがたを横軸に配して、「戦後という時代」を鮮明に描く短編小説集。「時代の引継箱」「家族たちの武蔵」「天運」の3作を収録。

担当編集者より
戦艦武蔵に乗務し、戦死を遂げた伯父への追慕の念。老齢化する戦友会との永年の交友。公民館行政に邁進した日々…。落ち着いた筆致で描くそれぞれの〈戦後のありかた〉。心温まる短編小説集の誕生です。
商品情報
書名(カナ) カゾクタチノムサシ
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 2015年02月26日
ISBN 978-4-16-008825-2
Cコード 0093

著者

坂本 晃司

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く