単行本
単行本

文藝春秋企画出版

消滅してたまるか!品格ある革新的持続へ

一般社団法人地域ルネッサンス創造機構シンクタンク・ザ・リバーバンク 発行

  • 定価:本体1,852円+税
  • 発売日:2015年04月27日
  • 発行:文藝春秋企画出版部
  • ジャンル:ノンジャンル
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

「地方創生」の掛け声が声高に語られているが、中央・地方の政治家や官僚の政治的発言ばかりで、現場の生の声が希薄である。
この本は、新潟県長岡市の民間地域シンクタンクが自らのルートで開拓したネットワークを駆使して、85人の論客の生の声やアイデアを集め、2050年の地域の姿を、具体的に表現したものである。時期を得た、人口減に挑む「地方創生」のバイブルと言え、このような企画が、全国各地で盛んになることが望まれる。藻谷浩介はじめ、元世界銀行の副総裁・西水美恵子や、日本学術会議座長の大西隆、前新潟県知事・平山征夫から、長岡の企業経営者、無農薬栽培農家や海外へも出かける紙芝居ボランティアまで、多士済々の人間味あふれる人々が、まるで千夜一夜物語のように、オムニバス形式で話をつなげていく。読み終えたとき、地域の未来が、読者に一定のイメージを与える構成になっている。地方によくあるような、行政予算に頼った企画ではなく、民間が自ら考え、自ら刊行した、まさに地方創生のお手本のような活力がほとばしり、その意欲が、執筆陣に伝わり、筆者たちの力の込め方に表現され、行間が詰まっている。「消滅してたまるか!」という表題どおり、これなら地域は、大丈夫だ!という感慨にとらわれるだろう。

担当編集者より
1年半前から「長岡2050委員会」9人のメンバーで、地域の未来像を語り合い、それを刊行物にしようという話になった時、全く予算もなく、果たしてできるのか?と、誰もが半信半疑だったが、一人ひとりを説得して行くうちに、力が増してくることが分かった。地域創生は、個人の力の合わせ方次第であり、私たちが日頃から発言しているように成熟社会では、集権的縦社会の論理ではなく、自立・自制・慈愛に満ちた自己組織化による活動こそが大切だということを、この刊行物で示せたと思う。
商品情報
書名(カナ) ショウメツシテタマルカ ヒンカクアルカクシンテキジゾクヘ
ページ数 320ページ
判型・造本・装丁 A5判 軽装 並製カバー装
初版奥付日 2015年04月27日
ISBN 978-4-16-008830-6
Cコード 0095

著者

一般社団法人地域ルネッサンス創造機構シンクタンク・ザ・リバーバンク編集

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く