単行本
単行本

文藝春秋企画出版

気儘草映画とともに暮らした日々

大空 望

  • 定価:本体1,500円+税
  • 発売日:2016年08月30日
  • 発行:文藝春秋企画出版部
  • ジャンル:ノンフィクション

作品紹介

昭和40年代から60年代。若者の居場所は、純喫茶であり、雀荘であり、映画館でした。まだ、ビデオ店は少なく、CDもブルーレイもありません。しかし、ごぞんじのように、教養が必須であり、衰退のきざしはありましたが映画が依然と娯楽の王様の時代です。学生は映画館に通い、話題の名画と対話し、「外部」を認識してきました。著者も、せっせと東京・下町の映画館に通います。そして全作、感想をメモ。その膨大な映画ノートの一端が本書です。

担当編集者より
社会問題、大学の授業、恋愛・・・・。なにごとにも真摯に向かい合う時代だったのかもしれません。70年代から80年代に青春を送った著者は、読書日記をつけ、見た映画はつぶさに感想をノートに記録していました。時代の表象としての映画。著者の博覧強記ぶり、歯切れのいい映画評をご堪能ください。
目次
序章 石原裕次郎 日本の青春
第1章 映画館の思い出
第2章 50年代 輝かしい映画
第3章 60年代 忘れがたい映画
第4章 70年代 懐かしい映画
第5章 80年代以降 充実した映画
商品情報
書名(カナ) キママグサ エイガトトモニクラシタヒビ
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製カバー装
初版奥付日 2016年08月30日
ISBN 978-4-16-008876-4
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く