単行本
単行本

文藝春秋企画出版

旧制高校美術連合会美術展「白線展」の歩み

細川 邦三

  • 定価:本体1,389円+税
  • 発売日:2016年09月14日
  • 発行:文藝春秋企画出版部
  • ジャンル:ノンフィクション

作品紹介

弊衣破帽の姿で青春を謳歌した若人達

彼らも皆85歳を超えた。特許庁左に並ぶ細川ビル3階「葵サロン」で毎年春と秋に開催される「白線展」では、老人パワーがたくましく躍動する。

今の高等学校は五千を数えるが、当時は三十八校しかなかった。巻末に記載した一高から八高まではナンバースクール、他は地域名等で、当時の最高学府、帝国大学への登龍門で、日本社会のあらゆる分野で指導者を輩出した土壌が旧制高校だった。……今日本に求められているのは、次の日本を背負う、たくましい指導者の出現である。昔の旧制高校の再現は望むべくもないが、智育、徳育を兼ね備えたすぐれた指導者を生み出す立派な教育機関の実現を切望して止まない。(「結び――白線展の歩み」より)

担当編集者より
平成6年以降22年、33回開催されてきた「白線展」。もとは旧制水戸高校卒業生による囲碁会から美術会へと発展し、そこへ他の旧制高校卒業生が合流して現在の形になったそうです。本書では、20名の旧制高校卒業生の随筆と、著者の細川さんが当時の旧制水戸高校の学生生活を振り返り、その歴史を辿ります。
商品情報
書名(カナ) キュウセイコウコウビジュツレンゴウカイビジュツテン ハクセンテン
ページ数 176ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製カバー装
初版奥付日 2016年09月14日
ISBN 978-4-16-008877-1
Cコード 0095

著者

細川 邦三

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く