単行本
単行本

文藝春秋企画出版

日本を知ろう隠された古代史と仏教の真実

齋藤 喜八郎

  • 定価:本体1,389円+税
  • 発売日:2016年09月28日
  • 発行:文藝春秋企画出版部
  • ジャンル:ノンフィクション
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

過去の歴史は、主として、文献によって解釈・検証されます。文献が乏しい古代史の場 合はどうでしょうか。
古事記、日本書紀はヤマトの支配権を手中に収めた時の権力者が、自己の統治を正当化するため、都合よく真実を書き換えて、正史としています。
記紀の記述を史実として、歴史を解釈していくと、真実からかけ離れた歴史像ができあがっていくと著者。
著者は在野の気鋭の研究者です。戦時下の青春時代、皇族に近い知識人から、当時、流通していた日本の古代史についての疑問、〈天皇家は天孫民族の子孫か〉を耳にします。
これが持ち前の研究心、向学心に火をつけました。
古今の文献を渉猟し、史実をすり合わせ、真の日本の古代国家の姿を彫琢します。
東アジアの「クニ」はどんな姿だったのか。
天皇家は、どこからきたのか。
ヤマトの豪族たちは、天皇家とどういう関係だったのか。
齋藤古代史学の集大成をお楽しみください。

担当編集者より
著者は青年時代から、人間を救うものとしての宗教、東アジアの古代史研究に没頭してきました。既存のアカデミズムにない伸び伸びとした思考、豊かな発想で、ヤマトの真の姿に迫ります。
目次
第一部 人類社会の未来
第一章自我と人間社会の盛衰
第二章神と自然界
第三章人間を支配する脳の働き
第四章自然界こそ真実の神である
第五章自然界と話をした釈尊
第六章シュリハンドクと十代弟子
第二部 本当の日本の歴史
第七章 天皇家のルーツ
第八章 蓋国と倭国
第九章 駕羅王、卑弥呼、大和
第十章 建国神話の真実
第11章 平城京の建設
商品情報
書名(カナ) ニホンヲシロウ カクサレタコダイシトブッキョウノシンジツ
ページ数 184ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製カバー装
初版奥付日 2016年09月30日
ISBN 978-4-16-008878-8
Cコード 0095

著者

齋藤 喜八郎

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く