単行本
単行本

文藝春秋企画出版

そこに音楽があった楽都仙台と東日本大震災

梶山 寿子

  • 定価:本体1,500円+税
  • 発売日:2016年10月24日
  • 発行:文藝春秋企画出版部
  • ジャンル:ノンフィクション
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

「音楽の都」仙台、知られざる復興の記録。

そこに音楽があったから、立ち上がることができた――。仙台フィル、八軒中学吹奏楽・合唱部、小山実稚恵、MONKEY MAJIKなど演奏者、被災者の双方に丹念な取材を重ね、音楽が持つ力を見事に実証。今後の文化行政に一石を投じる、渾身のノンフィクション。

〈目次〉
第一章 明日という日があるかぎり――仙台市立八軒中学校吹奏楽・合唱部
第二章 鎮魂のために奏でる――仙台フィルハーモニー管弦楽団
第三章 余震の絶えぬ街角、そして被災地へ――仙台フィル・街角コンサート
第四章 音楽家たちの試行錯誤――MONKEY MAJIK / 小山実稚恵さん
第五章「楽都仙台」の多彩な顔――定禅寺ストリートジャズフェスティバルや仙台国際音楽コンクールなど市民がつくる音楽祭
第六章 「音楽の力」はあるのか――とっておきの音楽祭など
第七章 未来へ――みやぎの「花は咲く」合唱団 / 小田和正さん

商品情報
書名(カナ) ソコニオンガクガアッタ ガクトセンダイトヒガシニホンダイシンサイ
ページ数 264ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製カバー装
初版奥付日 2016年10月24日
ISBN 978-4-16-008882-5
Cコード 0095

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く