作品紹介

軍事主義国家の影を背負わされた苦悩と悲哀

明治・大正期に活躍した洋楽作曲家・大沼哲の娘が、父の周囲の音楽関係者の語ったことや日記等から、大正天皇の知られざる偉容を描くノンフィクション

「大正天皇のご生誕日だけが祝日とされていないのは、なぜでしょうか?」
――大正天皇は皇太子時代からご心労が多く、短いご生涯ではありましたが、常に平和を望まれつつ、音楽を愛され、英・仏語の語学を楽しまれ、さらに漢詩の朗詠も好まれるという近代天皇であり、ご自身の信念を貫かれた、文人天皇でありました。(「あとがき」より)

商品情報
書名(カナ) タイショウテンノウトガクノネ カイテイバン ヒャクサンジュウナナネンノジクウヲコエテ ハツラツトシテオラレタコウタイシジダイ
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製カバー装
初版奥付日 2017年01月27日
ISBN 978-4-16-008890-0
Cコード 0095

著者

宮内 孝子

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 
// JavaScript Document