作品紹介

「梅や桜の木は、いまは枯れ木に見えても、
やがて、美しい花を咲かせるいのちが息づいているのです」

大切な家族、友、人生の師とのかけがえのない思い出を、半生記に亘る句作で培った端正な文体で紡ぐ。読む者の魂を癒す感動の随筆集

「あなたは、まだ使命があるからこそ、四度も脳梗塞に見舞われながらも、こうして生かされているのですよ」
……私は、静かに自分の思いを溢れさせた。夫は涙でくもった目の端を指でぬぐった。うつろで精彩を欠く夫の目に、心なしか光が宿る。それは、咲き満ちた花のごとく、張りつめていた空気を和らげた。夫に希望の光が、かすかに感じられたからである。私の頰に温かいものが流れる。(「いのちへの愛の眼差し」)

商品情報
書名(カナ) イノチヘノアイノマナザシ イカサレテイキル
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製カバー装
初版奥付日 2017年11月27日
ISBN 978-4-16-008913-6
Cコード 0095

著者

山内 美恵子

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く