作品紹介

満洲、中国、フィリピン、南方戦線で悪戦苦闘した級友(とも)らに捧ぐ

台南州立台南第一中学校の恩師3名・同級生21名・遺族5名の手記を収録。
台南生まれで安平育ちの著者がまとめた貴重な1冊

台南一中21回生103名は昭和14年3月に同校卒業後、71名が軍に関わる。
うち、戦没者12名、捕虜となった者は11名。今も健在なのは編著者のみ。

担当編集者より
今年97歳を迎える著者は、これまでに同級生たちに声をかけて安否を調べたり、貴重な戦時体験について書いてもらい、自ら「誌上クラス会」や戦争についての大冊子「碧榕」など14冊をつくってきた方です。その記録を残しておこうと今回の刊行に至りました。数々の証言をぜひお読みいただければと思います。
目次
一章 望郷台湾
二章 私の故郷と母校
三章 戦場は満洲
四章 戦場は中国
五章 激戦地はフィリピン
六章 戦火は南の国々まで
七章 空襲下の台湾
八章 沖縄決戦
九章 本土空襲と原子爆弾
十章 慰霊の旅
むすび 大正十年生まれ
商品情報
書名(カナ) タイショウジュウネンウマレノセンジタイケン タイナンイッチュウニジュウイッカイセイノキロクカラ
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製カバー装
初版奥付日 2018年02月22日
ISBN 978-4-16-008918-1
Cコード 0095

著者

吉野 信之

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 

映画・テレビ化情報一覧を見る