作品紹介

て、手前ら盗の狗になってやがったのか!?

日本橋の太物問屋“三河屋”に、かつて粂八らがいた飯富の勘八一味の残党が押し込みを計画。それを知った平蔵は……。「狗」他全三篇

担当編集者より
盗賊改方の密偵・平野屋源助の番頭茂兵衛は、雪崩の清松が日野の銀太郎という盗人が一緒にいるのを見掛けたと平蔵に告げた。清松といえば確か、同心・大島勇五郎が使っていた密偵のはず、何故そやつが盗人と一緒に? 大島は承知しているのだろうか。不審を覚えた平蔵は五郎蔵とおまさに大島の身辺を密かに探らせると、暗躍する盗人たちの影がほのかに見えてきた……「春の淡雪」他全三篇。
商品情報
書名(カナ) オニヘイハンカチョウ
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 B6判 上製 ソフトカバー装
初版奥付日 2005年06月30日
ISBN 978-4-16-009164-1
Cコード 0079

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く