作品紹介

下郎。当屋敷のあるじ、長谷川平蔵宣以はおるか

若年寄の一人、京極備中守高久に呼びつけられた長谷川平蔵は、配下の同心・青木助五郎のよからぬ噂を伝えられた。「孤雨」他全三篇

担当編集者より
長谷川平蔵が、平蔵の庇護者である、若年寄の京極備中守高久の私邸へ呼びつけられた。配下の青木助五郎の噂について質された。短日の内に何人もの盗賊を捕まえた助五郎が実は盗人と通じているのではないか、というのである。そして日を同じくして、平蔵の嫡男、辰蔵からも助五郎をさる料亭で目撃したと聞かされた。噂は本当なのか? 密かに五郎蔵とおまさに助五郎の周辺を探るよう命じた平蔵だが……。「狐雨」ほか全三篇収録。
商品情報
書名(カナ) オニヘイハンカチョウ
ページ数 224ページ
判型・造本・装丁 B6判 軽装 軽装
初版奥付日 2006年06月30日
ISBN 978-4-16-009168-9
Cコード 0079

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 
// JavaScript Document