単行本
単行本

コミック 鬼平犯科帳 71

さいとう・たかを 原作・池波正太郎

  • 定価:本体543円+税
  • 発売日:2007年05月21日
  • 種別:コミック
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

俺を刺しやがったのは盗賊・筑波の寅之助の子分、猿島の継次だ

同心・松永弥四郎が見廻りに出ていた折り、下谷の路地裏で虫の息の盗人を見つけ、最期の言葉を聞くが……。「平松屋おみつ」他二篇

担当編集者より
浅草の料亭で男が殺された。犯人の足取りは容易に掴め、放れ駒の弥八という香具師を捕らえた。しかし、事件にはもう一つ裏があるようだ。聖天の元締めが取り仕切っている「夢の茶屋」という怪しげな場所を舞台に人目を憚る振る舞いが行われているという噂も出てきた。平蔵は自ら客に扮して件の茶屋に出向いて様子を探ることにしたのだが、思はぬ危機に陥る事に。果たして平蔵は如何にしてこの窮地から脱するのか……。
商品情報
書名(カナ) オニヘイハンカチョウ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 B6判 上製 ソフトカバー装
初版奥付日 2007年05月31日
ISBN 978-4-16-009171-9
Cコード 0079

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く