作品紹介

オーストリア・ハプスブルク家の女王マリア・テレジアと、その夫君、大公フランツに仕える辣腕の若きユダヤ青年のロマンと野望

担当編集者より
18世紀前半、風雲急を告げる欧州。フランクフルトの強制居住地区から、ウィーン宮廷へと旅立った隻眼のユダヤ青年ロスチャイルドは、オーストリア・ハプスブルク家の若き女王マリア・テレジアと、その夫君、大公フランツの信任を得て、戦闘と外交の鍵を握り、辣腕をふるう。フリードリヒ二世との戦闘をはじめ、シェーンブルン宮からプロイセン、ハンガリー、ヴェネツィアを舞台に繰り広げられる若きユダヤ青年のロマンと野心を描く書き下ろし千七百枚の長編歴史小説。(K・M)
商品情報
書名(カナ) ハプスブルクノホウケン
ページ数 448ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1995年07月20日
ISBN 978-4-16-315700-9
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く