単行本
単行本

美しい国のスパイ

水木楊

  • 定価:本体1,553円+税
  • 発売日:1995年10月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

官僚解体、市場開放……日本弱体化工作に暗躍するエージェントと謎の女・彩子――次なる秘密計画オペレーション・フリーズとは?

担当編集者より
米国のスパイ組織ラングレーの目的は(1)日本を二分の一の米国にし、その経済システムをコピーさせること(2)日本の国際的地位を米国の二分の一に引き上げ、それ以上にはしないこと……、そのキーワードは「官僚解体」! 二十一世紀初頭の日本を想定した水木流・近未来小説は、スパイ小説の楽しみに加えて明日の日本を垣間見させてくれる。綿密な取材と鋭い洞察が“隠し味”になっているのだろう。(T)
商品情報
書名(カナ) ウツクシイクニノスパイ
ページ数 296ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1995年10月30日
ISBN 978-4-16-315890-7
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く