作品紹介

逆行性健忘症にかかった元宇宙飛行士は、中国人看護婦の助けを借りながら、過去を追求する。近未来を舞台に描く喪失と恢復の物語

担当編集者より
月面で事故に遭い、地球に送還された宇宙飛行士は強い逆行性健忘症にかかっていた。東京郊外の病院に入院した男は、何ものかに導かれるまま病院を抜け出し、繁栄を無くした東京の街を彷徨って、中国人看護婦とホームレスの老人の助けを借りながら、自らの過去の記憶を追い求めていく……。ガンとの闘病を経て生死の問題に深く沈潜した日野啓三氏による、近未来の東京を舞台に繰り広げられる「喪失と新生」の物語は、読売文学賞受賞の傑作長篇です。(A・T)
商品情報
書名(カナ) ヒカリ
ページ数 416ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1995年11月30日
ISBN 978-4-16-315970-6
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く