作品紹介

悪党者を取り締まる八州廻りの桑山十兵衛は男やもめ。各地で事件を解決するなか判明した、娘の真の父、亡き妻の意外な密通相手とは

担当編集者より
江戸時代、勘定奉行の支配下で、関東八カ国の警察権を担って恐れられていたのが“八州廻り”。江戸と関八州を行ったり来たりし、各地で事件を解決していくその八州廻りを主人公にしたのが本書です。決して四角四面の正義漢ではなく、小ずるく計算高いところもあり、亡き妻が残したひとり娘が自分の子供ではないのではないかという不安を抱える主人公・桑山十兵衛は、実に人間くさく魅力的です。直木賞作家が描く捕物帳をお楽しみください。(B)
商品情報
書名(カナ) ハッシュウマワリクワヤマジュウベエ
ページ数 352ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1996年05月25日
ISBN 978-4-16-316280-5
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く