作品紹介

人それぞれに、隠れたドラマと涙がある。われわれの隣人たちが抱えている様々な人生を陰翳深く描いて、そくそくと胸をうつ短篇集

担当編集者より
宮本さんといえば「長篇作家」のイメージが強いかもしれません。確かに、二十年の作家生活の間に書かれた短篇は三十六本。しかし、その一篇一篇はまさに「珠玉」です。男と女、母と子、人それぞれの愛憎と喜び、悲しみを見事に結晶させた最新の七篇が、この本に収録されています。三十枚の原稿の中に凝縮された人生のドラマ、それを語る見事な技法と文体。読み終えた時、胸にせまる感動と、陶酔感があなたを包みこむことでしょう。(M)
商品情報
書名(カナ) ムネノカオリ
ページ数 200ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1996年06月25日
ISBN 978-4-16-316300-0
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く