作品紹介

ノアの方舟に倣ってありとある動物を集め、地にわが子を満たすべく出産に励む女。一読驚嘆、忘却不能。紫式部文学賞受賞傑作短篇集

担当編集者より
第七回紫式部文学賞(京都府宇治市主催)を受賞した傑作短編集です。多産妄想にはまって、次々とユーモラスな幻想を披瀝する女を描く「蟹女」、無人の郊外を漂流する一家を描く「春夜漂流」、ワニと暮らす親子を描く「ワニの微笑」など……、ほのぼのとして恐ろしい作品ばかり。なんのヘンテツもない日常から非日常へ、オカルトの仕掛けなしでふわっとワープする醍醐味は村田さんならではのもの。読んで決して損はしません。上質なホラー小説にして、人間の奥深さを輪切りにして見せる純文学です。(T・M)
商品情報
書名(カナ) カニオンナ
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1996年06月01日
ISBN 978-4-16-316360-4
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く