単行本
単行本

波のり舟の佃島渡波風秘帖

出久根達郎

  • 定価:本体1,456円+税
  • 発売日:1996年07月

作品紹介

何を背負って渡しを渡る!? 佃島の船頭が見つめる謎、人情、怪異、恋……。江戸の風俗を描いて、ペーソス溢れる異色捕物帳登場!

担当編集者より
江戸時代、佃島は対岸の舩松町との間を往復する渡し舟で、大江戸の町と繋がれていました。渡し守の名は正太、二十五歳。乗合舟は定員八、片道一町(約百九メートル)。正太はきょうも、何やら怪しげな人物を乗せて四苦八苦……。『波のり舟の――佃島渡波風秘帖(つくだのわたしいざこざひかえ)』は、出久根達郎さんが初めて描く本格的時代小説連作集です。怪異あり、人情あり、おかしみあり。古典落語にも似たキレのよい語りで、江戸の四季、下町風情が巧みに折りこまれています。(T)
商品情報
書名(カナ) ナミノリフネノ ツクダノワタシイザコザヒカエ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1996年07月20日
ISBN 978-4-16-316390-1
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く