作品紹介

宿屋を狙った連続盗難事件の陰にいま江戸で評判の祈祷師、清姫稲荷のおりょうの姿がちらつく。果してその正体は。表題作ほか七篇

担当編集者より
先般のオウム真理教事件ではありませんが、いつの世にも庶民の心の隙間に忍び込むように、怪しげなエセ宗教が流行るもの。表題作では、雷嫌いのるいのために、お吉が雷よけの御札をもらいにいった清姫稲荷の祈祷師が事件の鍵を握ります。江戸時代を舞台にした捕り物帳でありながら、巧みに現代性が反映しているところに、この大人気シリーズの魅力の一端があるのではないでしょうか。(A・K)
商品情報
書名(カナ) キヨヒメオリヨウ
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 並製カバー装
初版奥付日 1996年10月10日
ISBN 978-4-16-316520-2
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く