単行本
単行本

蛇を踏む

川上弘美

  • 定価:本体1,000円+税
  • 発売日:1996年08月30日
  • 第115回(1996年)芥川龍之介賞
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

女は藪で蛇を踏んだ。蛇は女になり食事を作って待つ……。母性の眠りに魅かれつつも抵抗する女性の自立と孤独を描く芥川賞受賞作

担当編集者より
川上さんと会う日は、前の日から楽しみです。川上さんは、いつも「うふふ」と笑います。ときどき、空気の上のほうを見つめています。この前、白い紙にワープロで打ったお話の束をくれました。蛇を踏んじゃって知らないお母さんがやってきたり、兄が次々消えてしまったり、夜のかけらが背中につきささったりする話です。こんなことが本当にあったんですか、と聞いたら、「うふふ」と笑って答えてくれませんでした。(T・M)
商品情報
書名(カナ) ヘビヲフム
ページ数 176ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 1996年09月01日
ISBN 978-4-16-316550-9
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く