作品紹介

作者秘愛の浮世絵から想を得てつむぎだされた短篇名品十九篇。市井のひとびとの陰翳ゆたかな人生絵図を掌の小品に仕上げた極上品

担当編集者より
久々の作品集です。掌篇十二、短篇七、全十九篇で構成。長篇小説ばかりが目につく昨今、ちょっと類のないこころみでしょう。十二の掌篇は各十枚、わずか四千字の小さな物語で、かつて「江戸おんな絵姿十二景」という総題で雑誌掲載。作者秘愛の浮世絵に想を得て書かれたものです。また七つの短篇は同じ趣向で広重の風景画がモチーフ。どうぞごゆっくりとご味読ください。(M)
商品情報
書名(カナ) ヒグレタケガシ
ページ数 264ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製函入
初版奥付日 1996年11月10日
ISBN 978-4-16-316590-5
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く