単行本
単行本

サンタ・エビータ

トマス・エロイ・マルティネス 旦敬介・訳

  • 定価:本体3,398円+税
  • 発売日:1997年02月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

完全防腐処理されたエビータの遺体はどこへ? エビータ神話の真実を鋭く突く、ガルシア=マルケス大絶賛の濃密な傑作長篇小説

担当編集者より
あのマドンナ主演で話題の映画「エビータ」(九七年春公開)は、戦後まもないアルゼンチンで大衆から熱狂的な支持を集めたファースト・レディ、エバ・ペロンの波瀾の生涯を描いたものですが、本作は彼女の死の床からはじまります。その遺体をめぐるさまざまな陰謀を虚実ないまぜに描き、エビータ神格化の真実を解き明かす、迷宮的興奮に満ちた小説です。(N)
商品情報
書名(カナ) サンタエビータ
ページ数 504ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1997年02月01日
ISBN 978-4-16-316710-7
Cコード C0097

著者

T・E・マルティネス

旦 敬介翻訳

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く