作品紹介

西国の覇者たらんとして中国に君臨する大大名に仕上げたのは智将毛利元就だった。息子隆元、元春、隆景、孫輝元など毛利一族を描く

担当編集者より
今年(1997)一月から始まったNHK大河ドラマ「毛利元就」の原作は永井路子さんの『山霧』(文春文庫)ですが、古川さんは毛利ゆかりの山口県のご出身とあって、これまでに毛利関係の本を六冊も出版されています。昨年十一月には『毛利元就とその時代』(文春文庫)を書き下ろされました。『毛利一族』は元就を中心に、息子の隆元、元春、隆景、孫の輝元の三代にわたる毛利一族を描いた短篇集です。NHK大河ドラマを楽しく視るために、この一冊をぜひお読み下さい。(O)
商品情報
書名(カナ) モウリイチゾク
ページ数 248ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1997年03月20日
ISBN 978-4-16-316780-0
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く