作品紹介

大和一の弱虫は霊力を帯びて大王に、そして悲劇の国ゆずりを経て水底に……。縄文と弥生、二つの文明の交代劇を戯曲に昇華

担当編集者より
古事記の国ゆずりに材を採った、書き下ろし戯曲、四百枚です。捨て子のオオクニヌシがありとあらゆるイジメを受けながら、どんどん霊威を帯びて大王に……。しかし、神々の命令によって、やむなく追放、流竄(るざん)の身になります。この悲劇の王を主人公に、日本という「この国のかたち」を規定した、縄文から弥生への文明交代劇を、大スペクタクルに仕立てます。なお市川猿之助が、この作品をスーパー歌舞伎に脚色・上演します(1997年4月6日から新橋演舞場で公演決定)。(M)
商品情報
書名(カナ) オオクニヌシ
ページ数 240ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1997年03月30日
ISBN 978-4-16-316810-4
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く