単行本
単行本

片意地へんくつ一本気下田うなぎ屋風流噺

高橋治

  • 定価:本体1,429円+税
  • 発売日:1997年07月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

豆州下田に名物鰻職人あり。土用の丑の日に休むぞと啖呵を切るのが何より好きで、涙と女にゃ滅法弱い、男五十の爆笑、苦笑、艶笑譚

担当編集者より
伊豆は下田に一刻な鰻職人あり。味は天下一品、客の顔を見てからでないと鰻を焼かず、土用の丑は注文が多すぎて味が落ちる恐れがあるので休業。曲がったことが大嫌いで、腕と啖呵じゃだれにも負けぬが、涙と女にゃめっぽう弱い、純情可憐な五十男・川井剛造の爆笑・苦笑・艶笑譚。特上のほのぼの人情物語。高橋節のテンポ軽やかに、読み物の味も天下一品です。(MT)
商品情報
書名(カナ) カタイジヘンクツイッポンギ シモダウナギヤフウリュウバナシ
ページ数 248ページ
判型・造本・装丁 四六判 並製 カバー装
初版奥付日 1997年07月10日
ISBN 978-4-16-316960-6
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く