作品紹介

地獄谷温泉で猿とともに殺された男と、東京で殺されたOLの凶器は同一だった……十津川警部が二人の死の関係を追う。他三篇収録

担当編集者より
亡くなられた山村美紗さんの未完の連載小説を書き継がれるなど、旺盛な執筆活動を続けている著者の最新短篇小説集です。おなじみ十津川警部の鋭い推理が冴え渡ります。今回収録の短篇はすべて動物が重要な役割を果たしています。白鳥・猿・猫・犬がどのように事件と絡むのか……。警部の周りを固めている十津川ファミリーの活躍をお楽しみください。(SN)
商品情報
書名(カナ) ヤエンサツジンジケン
ページ数 272ページ
判型・造本・装丁 新書判 並製 カバー装
初版奥付日 1997年07月10日
ISBN 978-4-16-317030-5
Cコード C0293

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く