単行本
単行本

徳川慶喜最後の将軍

司馬遼太郎

  • 定価:本体1,238円+税
  • 発売日:1997年07月09日
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

「家康以来の傑物」と世評高い慶喜が、風雲急を告げる幕末の瀬戸際に打った大きな賭け「大政奉還」の思わぬ結果と悲痛な破綻を描く

担当編集者より
この小説を書いた時、著者は四十三歳(一九六六年)、「別册文藝春秋」(季刊)に三回書き継がれました。翌年、同じ雑誌に二回に分けて、乃木希典を題材にした『殉死』が書かれています。新聞、雑誌の連載をかいくぐって、作風を一変したともいえる問題作を次々と発表されたこの時期が、司馬氏の作家生活の中で一つの高い峰をなしています。1998年NHK大河ドラマの原作です。(WH)
商品情報
書名(カナ) トクガワヨシノブ サイゴノシヨウグン
ページ数 264ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 上製カバー装
初版奥付日 1997年07月10日
ISBN 978-4-16-317040-4
Cコード 0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く