作品紹介

かつて結婚を諦めた真澄との危うい関係に揺れる千秋は、初恋のひとが余命僅かなことを知る。地唄舞の世界に生きる女を流麗に描く

担当編集者より
両親の遺してくれた新富町の古い家で、地唄舞の世界に生きる千秋。かつて結婚を諦めた真澄と、その妻との危うい関係に揺れる彼女は、淡い初恋のひとが余命僅かなことを知らされる。彼がもう一度見たいと願っているのは、千秋の舞う「雪」……。芥川賞受賞作『ネコババのいる町で』でちょっと不思議な味わいを堪能させてくれた実力派の作家が流麗に描きだす、人のいのちのはかなさ、移りゆく心もよう、そして芸へのひたむきさ。甘美な恋を、生きるせつなさを知る大人のための物語です。(TM)
商品情報
書名(カナ) ブタイウラ
ページ数 280ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1997年08月10日
ISBN 978-4-16-317100-5
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く