作品紹介

小次郎は“草”と呼ばれる陰の者。胸に秘めたる大願あれど策謀の渦に翻弄されて……。恋あり野望あり。画期的伝奇時代小説の誕生!

担当編集者より
東北の地に魅せられて十余年。高橋義夫さんは毎月せっせと千葉市の自宅と山形市のマンションを往復します。自然、知人友人が増えて、出羽三山の山伏も呑み仲間に。加えて七月(1997)から、大阪や東京から作家や大学教授を招き、山形の人々と語りあう会と小説作法の勉強会も。「もちろん無給。でも、ご当地からは有形無形の栄養をいただいていますから万分の一のご恩返し」。戦国大名を陰で支えた謎の集団・風魔。その頭領・小次郎を悩ます難敵に、そう言えば羽黒山の修験者も登場します。(WM)
商品情報
書名(カナ) フウマサンガクトウ
ページ数 440ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1997年08月30日
ISBN 978-4-16-317140-1
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く