単行本
単行本

兄弟の血

マイケル・ホワイト 岩瀬孝雄・訳

  • 定価:本体2,476円+税
  • 発売日:1997年10月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

捕虜収容所での弟の死の真相を求めて、メイン州にやってきたドイツの老人。第二次大戦の悪夢が蘇り、新たな殺人を巻き起こす!

担当編集者より
アラン・ポー賞処女作部門にノミネートされた傑作ミステリーです。舞台はメイン州のグレート・ノースウッズ。第二次大戦末期、ドイツ人の捕虜収容所があり、そこでひとりの捕虜が脱走し、やがて死体となって発見される。それから四十五年後、死んだ捕虜の兄である老人が真相を探るために訪れる。埋もれていた記憶の扉が開かれ、やがて新たな殺人事件が……。細やかな筆致で戦争の狂気が語られます。(IK)
商品情報
書名(カナ) キョウダイノチ
ページ数 384ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1997年10月01日
ISBN 978-4-16-317240-8
Cコード C0097

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く