単行本
単行本

嫁洗い池

芦原すなお

  • 定価:本体1,714円+税
  • 発売日:1998年03月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

同郷の妻が作ってくれる四国料理に日々舌鼓を打つ作家の「ぼく」。彼女の手料理と名推理を求めて今日も悪友・河田刑事がやってくる

担当編集者より
肘掛椅子探偵(アームチェア・ディテクティブ)ならぬ台所探偵(キッチン・ディテクティブ)が活躍するミステリー連作。作家の「ぼく」は同じ四国出身の妻と、日々作品の構想を練りつつ、東京近郊で暮らしている。そこに毎度、難事件を持ち込んでくる友人で警察官の河田。彼の目当ては妻の郷土料理と、女の直観によるヒント。本格推理の醍醐味とおふくろの味の描写で二度おいしい小説です。前作は『ミミズクとオリーブ』。(KH)
商品情報
書名(カナ) ヨメアライイケ
ページ数 304ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1998年03月25日
ISBN 978-4-16-317550-8
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く