作品紹介

小さなフランス・レストランにさりげなく飾られた少女像は三十年前に日本で盗まれた世界的画家の作品だった……。表題作ほか二篇

担当編集者より
興信所調査員の私が依頼されたのは、小さなレストランのオーナーシェフの三十年前のある一日の行動調査だった。そこには当時、展覧会前日に盗まれたスペインの世界的画家の作品の謎が隠されていた……。村雨貞郎さんの「マリ子の肖像」は松本清張賞初の推理小説と話題になりました。戦争協力画を理由に日本から追放され、のち国際的評価を受けた画家の贋作事件を探る「湖上の美術館」など二作と合わせ、美術ミステリーをお楽しみ下さい。(TA)
商品情報
書名(カナ) マリコノショウゾウ
ページ数 248ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1998年04月20日
ISBN 978-4-16-317600-0
Cコード C0093

著者

村雨 貞郎

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く