作品紹介

高瀬舟で江戸に戻る途上で殺された米屋の主人の懐中に百両もの大金が。金の使途から下手人を推理する東吾の活躍。表題作など八篇

担当編集者より
昨年末に画家の佐多芳郎さんが亡くなりました。かわせみシリーズの第十四巻『雨月』から第二十巻『源太郎の初恋』まで七冊のカバーを、美しい日本画で飾って下さいました。絵を下さる時の照れくさそうな、それでいてちょっと得意そうな笑顔が子供のようで、とても印象的でした。今回からは雑誌連載(「オール讀物」)の挿絵も担当されている蓬田やすひろさんの装丁です。(AK)
商品情報
書名(カナ) ハルノタカセブネ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 四六判 並製 カバー装
初版奥付日 1998年03月10日
ISBN 978-4-16-317640-6
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く