単行本
単行本

幕末袖がらみ

東郷隆

  • 定価:本体1,714円+税
  • 発売日:1998年07月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

隣には人斬りの達人・名人が住んでいた!? なんと江戸と現代の近いこと。リアルな殺人者の長い「戦後」を描いた出色、稀有の物語集

担当編集者より
著者は不思議な魅力の持ち主です。自宅マンションはお洒落な白金台。明窓浄机を画に描いたような仕事部屋でうかがう話は武芸百般・三百諸侯の噂話から森羅万象へ。これがすこぶる面白い。ちなみに「袖がらみ」とは捕方の武器にして、街のガイドブックの意。なんでもご存知なんですね、四十代の若さなのに。鍋ひとつで大漢全雰をつくってしまう中華料理の名人。氏の前世はこのあたりかもしれません。(WM)
商品情報
書名(カナ) バクマツソデガラミ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1998年07月30日
ISBN 978-4-16-317670-3
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く