作品紹介

最後の一基が見つからない! スペイン上空で核を搭載中の米軍機が炎上した。東西の壮絶な駆け引き、揺れる心、滾る恋。痛快ミステリー

担当編集者より
(1)核に敏感でない国で発生(2)中央を離れた農村が現場。民間人の死傷者が出ず(3)フランコ独裁下。言論の統制が容易――。ために秘中の秘として遂行された水爆回収作戦ブロークン・アロウ。’66年。スペインの寒村パロマレスで核兵器四基を搭載した米戦略爆撃機が炎上墜落。25メガトンの水爆一基が四十日間(ひょっとすると今も!?)行方不明に。東西両陣営が震撼した、隠れた大事件です。著者は第一報のベタ記事(切手二枚大)から構想を練り、現地に飛び、「今だから話せる」事実をトマト農家や村長から発掘。千百枚のミステリーに仕上げました。もちろん灼熱の恋あり、謀略あり。これぞエンタテインメント!の誕生です。(WM)
商品情報
書名(カナ) モエルチノハテニ
ページ数 728ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1998年08月10日
ISBN 978-4-16-317900-1
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く