作品紹介

海の底に沈めた丹頂鶴の身替りのように星児の前に現れた異国の娘。退廃と欺瞞にみちた海辺の町で、二人は生きのびることができるか

担当編集者より
常に文学の最先端を切り開いてきた丸山さん。この数年は、散文の可能性を限界までつきつめる極めて実験的な試みを続けてきました。その成果から生まれた新たな境地が、今回の作品です。北国の港町で一羽の丹頂鶴を飼う少年・星児。鶴が死に、星児は亡骸(なきがら)を海に沈めます。まるでその身替わりのようにあらわれた異国の女。謎の男、女の失踪、海から星児を見つめる目。瑞々みずみずしく、荒々しい青春を描き、息もつかせぬ長篇です。(MK)
商品情報
書名(カナ) イツカウミノソコニ
ページ数 480ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1998年09月20日
ISBN 978-4-16-317970-4
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く