単行本
単行本

瓦版屋左吉綴込帳

古荘多聞

  • 定価:本体1,619円+税
  • 発売日:1998年11月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

追剥、殺しなど、お江戸を揺るがす犯罪の真相を鮮やかに推理し、事の顛末を綴る瓦版屋佐吉。その彼が写楽贋作騒動に巻き込まれた……

担当編集者より
見慣れない時代小説家とお思いかもしれませんが、実は「読むクスリ」でもお馴染みの上前淳一郎さんのペンネームなのです。瓦版屋が主人公の時代小説を書こうと上前さんが思い立ったのは、『複合大噴火』の取材で、天明三年の浅間山の噴火を、当時絵入りで報じる瓦版を見つけた時です。そこにジャーナリズムの萌芽を感じ、資料のない瓦版の世界なら小説で描こうと思われたとのこと。ミステリタッチの江戸版ジャーナリストの活躍劇です。(ST)
商品情報
書名(カナ) カワラバンヤサキチトジコミチョウ
ページ数 256ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1998年11月20日
ISBN 978-4-16-318130-1
Cコード C0093

著者

古荘 多聞

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く