作品紹介

老婆の「当たり屋」が大勢いるという噂を確かめるべく、玄界灘の小島を訪れたわたしが目にした光景とは――。「望潮」他六篇収録

担当編集者より
村田さんは、おもしろい人物がいると、じーっと観察して、ニヤリとなさいます。川端康成文学賞を受賞した『望潮』は、老婆の「当たり屋」が大勢出没するという噂を聞いた「わたし」が、玄界灘の小島を訪れる話です。この作品でも、人間観察の深さはもちろんのこと、想像力の豊かさ、そして巧妙な語り口で、小説でなければ表せない景色を見事に描いています。(MM)
商品情報
書名(カナ) ボウチョウ
ページ数 216ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1998年12月20日
ISBN 978-4-16-318180-6
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く