作品紹介

水野忠邦に抜擢され、天保の改革に尽くした鳥居耀蔵だが、改革の頓挫により失脚、数多の悪名を被った。官僚の立場に殉じた男の生涯

担当編集者より
「蛮社の獄」で蘭学者を弾圧し、江戸町奉行としては芝居小屋を移転するなど、奢侈を禁じ、庶民の楽しみを奪ったとして、歴史上に悪名を残す鳥居甲斐守忠耀。儒官・林大学頭の息子で、老中・水野忠邦に抜擢されて出世の道を駆け登ったこの男は、本当に悪人だったのか? 時代の岐路に立ちあった一官僚の生涯を、透徹した史眼で描き、官僚とは何かという今日的問題にまで迫る力作です。(AK)
商品情報
書名(カナ) ヨウカイ
ページ数 456ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1999年01月10日
ISBN 978-4-16-318220-9
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く