作品紹介

十七世紀イタリアの小都市、思わぬことで殺人犯となった夫の最後の行為が新妻の生涯を支配する。物語の復権を告げる堂々たる綺譚

担当編集者より
河野多惠子氏は現代女性の心理を精密に描写する作風で知られますが、古希を越えてまったく新しいジャンルに挑戦したのが、本書です。十七世紀イタリアのトスカーナ地方、思わぬことで死刑囚となった男は、斬首の朝、最後の別れで、まだ結婚二年の妻の鼻を噛み切ります。残された妻が歩むその後の人生を描いた途方もない物語は、各紙文芸時評で絶賛されました。(TA)
商品情報
書名(カナ) ゴジツノハナシ
ページ数 288ページ
判型・造本・装丁 四六判 布装上製 カバー
初版奥付日 1999年02月10日
ISBN 978-4-16-318290-2
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く