単行本
単行本

埋もれ火

北原亞以子

  • 定価:本体1,524円+税
  • 発売日:1999年10月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

維新後も龍馬の妻として生きたお龍。三味線を抱いて高杉普作の墓守を続けるうの。志士を愛した女たちの胸にくすぶる恋心の行く末

担当編集者より
なかなかに消えは消えなで埋み火の――と新古今にも詠われた言葉をもとにした『埋もれ火』は、幕末の志士を愛した女たちを丹念に描く、北原亞以子さんの短篇集です。大志を抱く男たちを愛したがゆえに、時代に、そして世間に翻弄される九人の女たち。江戸時代のキャリアウーマンを描いた直木賞受賞作『恋忘れ草』と対をなす作品集です。(OK)
商品情報
書名(カナ) ウモレビ
ページ数 296ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1999年10月20日
ISBN 978-4-16-318740-2
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く