作品紹介

八ヶ岳の山荘で父と息子の二人から同時に求婚された藍子が、これまでの生き方を考えるうち、失った故郷・満洲の記憶が蘇ってくる

担当編集者より
独身の女性にとって、母の死はひとつの大きな転機になるようです。主人公の藍子は満洲生まれで、五歳で敗戦と引き揚げを体験しましたが、藍子の母はそのことを生涯悔やみ続けました。その母の死が無意識のうちに藍子の心を解放し、満洲とは、戦争とは何だったのかを、再び考え始めます。そんな藍子に、二人の男性が求婚します。一人はもと関東軍の重鎮、一人はその息子。八ヶ岳の山荘を舞台に、様々な想いが交錯して、物語は進んでゆきます。(OA)
商品情報
書名(カナ) ヨミガエリノモリ
ページ数 328ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 1999年12月10日
ISBN 978-4-16-318860-7
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く
 
// JavaScript Document