単行本
単行本

夜明けの雷鳴医師 高松凌雲

吉村昭

  • 定価:本体1,524円+税
  • 発売日:2000年01月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

大政奉還をパリで知った幕府医官凌雲は、幕府再興のため、帰国後榎本艦隊と一路函館へ向かった。近代日本の黎明を描く歴史長篇

担当編集者より
広い視野に立った人類愛と、信念に命を懸ける荒ぶる魂――この両方を併せ持った稀有な人物が、本書の主人公・高松凌雲です。徳川昭武に随行し渡欧した彼がパリで学んだのは、最新の医療技術のみならず、貧富の別なく治療に当たる医者としての精神でした。大政奉還の報に急ぎ帰国し、幕府再興のため榎本武揚と共に箱館で戦う凌雲。闘いの最中も敵味方の隔てなく負傷者を救った彼の姿勢はのちに、日本初の貧民医療施設・同愛社の設立に繋がりました。情報も技術も人を生かすためにある……今こそ確かめたい人間の矜持です。(HY)
商品情報
書名(カナ) ヨアケノライメイ イシタカマツリョウウン
ページ数 296ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2000年01月10日
ISBN 978-4-16-318900-0
Cコード C0093

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く