単行本
単行本

榎本武揚シベリア外伝

中薗英助

  • 定価:本体1,857円+税
  • 発売日:2000年05月
  • Twitter
  • facebook
  • google+
  • hatena
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作品紹介

香気高い評伝ミステリの誕生

旧幕臣の駐露公使と革命家ザワーシンがロシアでかわした百二十年前の密約は生きていた!ソ連崩壊で初めて明らかになる歴史の闇

担当編集者より
たしかに数奇な生涯です。五稜郭の一戦に敗れた旧幕臣・榎本武揚は明治新政府の駐露公使となり、明治十一年、馬車によるシベリア横断を決行。克明精緻な日記を二種類残していました。この記録に秘められたロシア十二月党と武揚の密約、そして禁断の国家改造案……。史実と虚構の皮膜を巧みに縫った、玲瓏たる歴史推理の誕生です。「これが最後のミステリー。総決算です」と中薗さん。(WM)
商品情報
書名(カナ) エノモトタケアキシベリアガイデン
ページ数 352ページ
判型・造本・装丁 四六判 上製 カバー装
初版奥付日 2000年05月30日
ISBN 978-4-16-319240-6
Cコード C0093

著者

中薗 英助

感想を送る

本書をお読みになったご意見・ご感想をお寄せください。
投稿されたお客様の声は、弊社ウェブサイト、また新聞・雑誌広告などに掲載させていただく場合がございます。

※いただいた内容へのご返信は致しかねますのでご了承ください。
※ご意見・ご感想以外は、http://www.bunshun.co.jp/feedback/ から各部門にお送りください。

感想を書く